紹介状ないと高額請求のからくり

お金がかかります紹介状をもっていかない場合、病院から診察料以外に高額な追加料金を請求される場合があります。ご存じない方もいらっしゃると思うので、このからくりについて話してみたいと思います。

そんなこと知らないで病院の診察を受けると、会計が1万円超えることなんてざらにあります。どのような場合にこういうことが起きるのでしょうか。

ベッド数が200床以上の大病院に限る

これは、どの病院も一律に請求されるというわけではなく、ベッド数が200床以上の大病院、大学病院に限ったケースになっているようです。

僕の場合、近くの総合病院に行き、紹介状がないと、3000円別途払ってくださいと事前に説明がありました。事前に説明がない場合、会計時にいきなり高額な料金を請求されびっくりすることになると思います。

これ、選定療養費という名の特別料金になるんですが、3000円固定というわけではなく、その病院によって変わってきます。安いところだと105円ってとこもあるし、高いところだと8400円も追加で徴収されるケースもあるようです。平均は2000円前後になるみたいです。

そもそも、こうした特別料金を課すようにした背景には、ベッド数が200床以上の大病院への負担を軽減させるためという狙いがあるようです。

大病院、大学病院は高度な医療を担当する病院という位置づけのようで、風邪などの軽い病気でも大病院、大学病院に通ってしまう人も多いため、現場の医者の負担が増えてしまっているそうです。

そうした、大病院の医者の負担を減らすために、重篤でない患者は初診は中小病院や町の診療所に誘導しようという狙いのようです。

たしかに、いままでは患者が病院を選べていましたからね。それを、病院選んでもいいけどうちは大きいからお金は高いよって言い出してきたってとこでしょうか。

つまり、重病でない限り、大きな総合病院には来ないでほしいって事みたいです。

症状が大したことないなら、近くの小さい病院に行ってくれよって事みたいです。

それならそうとはっきり言ってくれればいいのにって個人的には思います。
そうしたら頼まれたって大学病院や総合病院なんていきませんよ。

こちらは、病気が治れば、どんな病院だっていいんです。
そしてできるだけ、治療費は押さえたい。

こんご、大きな総合病院に行くことはありません。
みんながそう思って、通うのを控えたからと言って、増患しないととかあわてないでくださいね(笑)

大病院さん。それがあなたたちの望みだったわけだから。

それが原因であなたの病院ところが廃業しても、同情の気持ちはこれっぽっちもありません。

自業自得というやつです。